「ZENKO」の家の模型が続々と完成!

現在計画が進んでいる「ZENKOの家」新築工事

の模型が続々と組み上げられています。

 

↓この一つ一つの模型にご家族の「住まい」への想いが

込められています。

 

↓こちらは目黒区N様邸「ZENKOの家」の模型。

将来を考えた2世帯のお住まいで

「ZENKOの家」の特徴である高気密、高断熱、高耐震性能を

活かした開放的なプランが立体的に把握する事ができます。

↓テーブルやソファのレイアウトも把握できます。

模型を作成することにより

外観のイメージ、バランス、ボリューム感は勿論

法規上かかってくる道路斜線や

北側斜線等にかかる空間の活かし方

計画地に隣接する住まいによる日の当たり方、

影の伸び方、住まいの導線、使い勝手などが

立体的にシュミレーションできます。

 

図面では伝えにくい空間も理解することができます。

世田谷区T様邸「ZENKOの家」新築工事地鎮祭です。

前日の天気予報では「大雪」という事で

万全の準備をして地鎮祭当日を迎えたのですが、

うっすら積もる程度で一同ホッと一息。

ただ気温は0度・・・

お施主様を始めお集まりいただいた皆様お疲れ様でした!

 

地鎮祭とは、建築などで工事を始める前に行う、

その土地の神を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得ることで、

一般には、神を祀って工事の無事を祈る儀式とされており、

安全祈願祭と呼ばれることもあります。

 

土地の四隅に青竹を立て、その間を注連縄で囲って祭場となし、

斎主たる神職のもと、建築に携わる者、

お施主様の参列の上で執り行われます。

祭場の中には木の台(八脚台)を並べ、

中央に神籬を立てて祭壇となし、

酒・水・米・塩・野菜・魚などの供え物を供えます。

 

T様、おめでとうございます。

この街で一番の「憩」の住まいができるようにがんばりますので

よろしくお願いいたします!

アパート併用住宅K様邸リノベーション工事。

築35年となる2階建てツーバイフォー、

4世帯+1世帯のアパート併用住宅のリノベーション工事

が3月完成を目指して折り返し地点、

大工工事が完了し、外装、内装工事がスタートしました。

↓BEFORE昔ながらの和室造り。

↓工事途中ですが少しだけ公開・・・若い方が好む落ち着いたデザインに。

↓BEFORE トイレ、洗面、浴室が一室にある、

いわゆる3点セットを・・・。

↓間取りを変えて洗面、浴室、トイレを別々に。

浴室も広くレイアウト。

日本が抱える大きな課題の一つ「空家問題」。

弊社でも年々相談が増えています。

 

築年数が経っていて・・・

 

廻りに新築のアパートが増えて・・・と

 

入居者が中々決まらないケースがあります。

入居者が出た後の、現況復旧工事はもちろんですが、

それにプラスして、使い勝手を良くする事、

照明や内装にデザイン的な要素、スタイルを加えるだけで

「ここに住みたい!」と思わせるお部屋にする事ができます。

世田谷区T様邸「ZENKOの家」新築工事、地盤改良です。

明日は雪との予報が出ています。

報道によると5センチ前後の積雪との事。

 

外出する際は十分に注意しましょう!

特に降った翌日は道路が凍結して

滑りやすくなるのでより注意が必要ですね。

 

先日の地盤調査に続きまして世田谷区T様邸地盤改良です。

 

地盤の良し悪しは、家造りにおいて重要な要素です。

 

当たり前の事ですが、

建物本体をいくら頑強につくったとしても、

建物を支える地盤がしっかりしたものでなければ

長寿命の住宅はできません。

 

周辺の地盤が丈夫だったとしても

以前「水みち」や「井戸」等があった場合、

地盤調査の結果が思わしくない場合があります。

又、地名に「川」や「水」が入っているようであれば、

軟弱な地盤となる可能性が高いそうです。

目黒区木造3階建て3世帯住宅T様邸お引き渡しです。

目黒区木造3階建て3世帯住宅T様邸お引き渡しです。

寒暖差が激しい日が続いています、

空気も乾燥気味で「インフルエンザ」が猛威を振るっています。

 

テレビ等を見ると手洗いやうがいをしたとしても、

あまり効果を得られないとの事。

 

加湿器などを使用する事である程度予防できるとの

事なので寝室に加湿器を置こうかなと思ってます。

 

↓会社では加湿器の他に

「ぜんこうだより」にて紹介した空気清浄器が活躍中・・・。

そんな中ですが、

目黒区T様邸のお引渡しとなりました。

T様邸は木造3階建ての3世帯住宅。

「ZENKOの家」の特徴である

冬暖かく、夏涼しい高気密、高断熱性能はもちろん、

国内最高の耐震性能「耐震等級3」の躯体に

繰り返しの地震に強い「制震テープ」を採用した構造を始め、

各世帯のプライバシーを守りつつも開放的な間取りに、

それぞれの生活スタイルに合わせた使いやすい

収納スペースがレイアウトされたプランとなっています。

 

↓玄関を入ると広々としたホール。

暖房一台で玄関ホールまで暖かい事にお施主様が家族も驚かれていました。

↓収納にプラスして将来の介護を考えたゆったりしたトイレ空間。

↓真冬でも洗面脱衣室、浴室の温度差が少ないので、

ヒートショックの危険も軽減します。

↓収納は各世帯、各室とも使い勝手や収納するものを

考えながらレイアウト。

↓少ない暖房で家の隅々までポカポカ。

1階世帯は温水式の床暖房を設置させていただきました。

↓リビングにはフルハイトドアを使用したパーテーション(間仕切り)。

間取りに可変性を持たしています。

T様この数カ月間 お疲れ様でした、

そして完成おめでとうございます!

寒さが厳しい中でのお引越しとなりますが

体調管理にお気を付け下さい!

新しいお住まいとともに末長くお付き合いお願いいたします。

鉄筋コンクリートのX線レントゲン。

現在、築30年となる鉄筋コンクリート造の建物の

大規模空調工事が進行しています。

 

↓その中の一コマ。

これは空調配管を新設するのに、

壁に穴を開ける作業をする際、

壁体内に「鉄筋」や「電線」等を確認するのに、

レントゲンを撮る作業をしている所です。

↓上の画像にある黄色い円筒状の機器よりX線が照射されます。

なので被爆しない様に離れたところから機器の操作を行います。

↓これが実際のレントゲン写真。

「鉄筋」部分がくっきりと写っています。

↓この写真を元に鉄筋を切断しない様に調整、

配管の為の穴を開けていきます。

この建物のレントゲン作業はあまり見ない光景だと思いますが、

職人さんに聞いたところ、最近は

病院でMRI等の大型の機器を設置する工事の際の

調査も多いとの事です。

冬、暖かい住まい造り。

昨日、天気予報では「雪」が少し積もるかもとの事でしたが、

積もる事も無くほっと一安心。(会社ではスコップが倉庫からひっぱりだしていました。)

 

毎年暖かくなるちょっと前くらいにドカッと降るんですよね・・・油断はできません。

(雪国にお住まいの方は本当に大変だと思います。)

 

そんな中ですが、先日上棟したばかりの

目黒区M様邸「ZENKOの家」新築工事、

大工さんを始めとする善光スタッフの

手際の良さでサッシの取付、屋根工事が完了、

ウレタン断熱工事に入りました。

施工途中にもかかわらず家の中に入ると柔らかい暖かさを感じます。

これから日本が目指していく住まいは、

「耐震性能」や「耐久性能」は当然の事ですが、

「断熱性能」が重要となります。

 

高性能断熱材で家全体をスッポリと覆うことによって

冷暖房効率の良い

省エネルギーの住宅にするのはもちろん、

各部屋の温度差をできるだけ少なくし

家の中での温度差による事故、

いわゆる「ヒートショック」を防ぐことにあります。

国では家庭内での事故を防ぐことによって

介護負担を少なくする事も視野に入れています。

 

「いい住まい」に住んで

病気をせずに長生きしてください!ということですね。

 

↓大工さんもあったかーい家で作業がはかどります!

「水あか」にはコレ!

久々のいいもの探しです!

「水あか落としたいんだけど・・・何かいいもの無い?」

キッチンやお風呂のお掃除について度々ご質問を受けます。

 

「クエン酸がいいみたいですねぇ」とかテレビやネットなどで、

知りえた情報をお伝えするんですが、

なかなかコレだ!というものが無いんですよね・・・。

 

そこでいろいろと調べてみると

 

↓この「スーパークリーナー万能Jrくん」

というものが評判が良いいので購入してみました。

(名前がストレートでいいですね(笑))

↓キッチンの水栓廻り、水あかが付いています。

布巾にクリーナーをちょっと付けて、かるーくふいてみると・・・。

↓画像では分かりにくいかも

しれませんが、新品同様ピカピカになりました。

この洗剤のいいところは

「研磨剤」が入っていないのでキズが付かないという事と、

「中性」なので手にやさしいという所で、

プロのお掃除屋さんからも評判がいい製品です。

 

気になる方はネットやホームセンターで

千円前後で購入できるので、ぜひお試しください!

一斉リフォームスタート!

先日までお正月だったのが、あっという間に2月!

ボーっとしていると、あっという間に

年末を迎えていしまうような気がします。

 

昨年からお打合せいただいていた

リフォームの現場が一斉にスタートしました。

 

↓目黒区F様邸は屋根、外壁等の外装工事がスタート。

足場をかけ各所をチェックしていきます。

↓こちらはF様邸から歩いて数秒・・・

キッチンの交換工事。

きっちり!と養生をして解体工事からスタート。

↓こちらはN様から歩いて1分、目黒区N様邸のキッチン交換工事

3m幅の大きいキッチンの交換となります。

↓目黒区M様邸では在来の浴室から

ユニットバスにする工事がスタート。

解体後に既存の柱や土台をチェックします。

 

お客様より

「50mおきに善光さんの現場があるね、忙しいでしょ!」と

冗談半分?おおげさに言われたのですが、

各現場がご近所という事は勿論、

何よりも職人さん達と各現場、連係がすぐに取れるので

効率よくリフォームができるんですね。

LIXILショールーム横浜へ!

「ZENKOの家」の上棟を控えたT様2世帯のご家族と、

みなとみらいにあるLIXILショールーム横浜に

ご同行いただきました(お疲れ様でした!) 。

 

いつもは新宿ショールームですが、

現在、商品入れ替え等の工事で休業しているんですね。

 

まずは住宅の設備から

浴室の手摺り位置や水栓の使い勝手、

掃除のしやすさ等を確認いただきました。

そしてご主人の浴槽の「ゆったり感」のチェックが入ります。

キッチンは奥様が実際にまな板を置いて高さ関係のチェック、

スリッパに履き替えていただき料理のしやすさ、

そして重要な「お掃除」についての確認をしました。

↓こちらは窓サッシ、玄関ドアの展示。

使い勝手の他、冬暖かい住まいに重要な要素である

高性能サッシの仕組みも分かりやすく展示されています。

パンフレットを見るだけでは実際の

商品の大きさや使い勝手は分りません、

これから新築やリフォームを考えている方は

気軽にショールームを利用しましょう!新たな「発見」があります。